ヒアルロン酸を使ったバストアップについて

バストアップ目的で、胸にヒアルロン酸の注射を行うという美容施術が注目されています。エステやクリニックで受けられるバストアップの手術内容は、色々あります。多くの人がヒアルロン酸注入によるバストアップ施術を利用するのは、手術時間が短時間で済み、皮膚を切らずにできるためです。

しかしながら、ヒアルロン酸注入バストアップ術は、他の豊胸手術と同様にメリットもある反面、デメリットもあります。バストアップを行う前に、ヒアルロン酸を注入することのいい点と、悪い点を理解し、その上で手術を受けるかどうかを判断します。効果が一過性のものであることは、理解しておくべきことです。

ヒアルロン酸の注入効果は、数ヶ月で失われることがほとんどです。つまりバストアップしている期間が永久的に続くのではなく、期限があるという事です。最近は、粒子の大きなヒアルロン酸を使う事で、この期間が従来のものより長く持つタイプに変わってきているようです。

昔の技術で使われていたヒアルロン酸を注入するために、低価格である反面、効果の持続期間が短いエステのバストアップ手術もあるようです。ヒアルロン酸を注入するバストアップか人気があるのは、豊胸バックを皮膚の下に入れる方法よりも体への負担か少なく、安価で受けられるためです。

ですが、持続する期間が短いので長期的な効果を求める場合には、向いているとはいえないバストアップの方法になります。また、ヒアルロン酸の注入によってバストアップをはかる場合は、元のバストより2カップ以上は大きくなりません。

もしも、今より2カップ以上バストアップをしたいという人は、他の方法を使う必要があります。拒否反応や、アレルギーのリスクが少ないことは、ヒアルロン酸注入によるバストアップ手術を受ける時の、いいところであるといえます。

ヒアルロン酸注入によるバストアップをしたいならば、まずはカウンセリングを受けて、話を聞いて見るといいかもしれません。
ハニーウイング度あり